医療訴訟を起こすには

医療訴訟を起こそうと思う時には何らかの形で医療機関や医師の治療において疑問符を抱いてしまうこととなりますが、万が一医療過誤かもしれないと思った際には、まず初めて受診した時からどんな説明を受け、治療を受けたのか、また手術を受けたのかといった部分についてできる限り細かくわかるように一つにまとめることが大切です。


そしてここでまとめた内容を弁護士に相談することになりますが、この際にできれば入院治療計画書や手術への同意書又は診断書などがあれば必ず送付するようにしましょう。
そして実際に弁護士と面談し、医療訴訟を起こしていくということになれば、弁護士が医療機関側に対して様々な調査の依頼をしていくことになります。
一般的にはカルテの入手を行うことはできませんが、弁護士であればカルテを入手し改ざんや隠ぺいを防ぎながら早急に正しく治療が行われたのか、オペが行われたのかといった部分について詳しい調査を行っていきます。


解決までには時間がかかってしまうケースもありますが、示談交渉を行って示談が成立するもしくは訴訟を行った上で和解するのか、和解せず判決を待つのかといった方法で最終的な結論へと進んでいきます。
もちろんスムーズにいく場合だけではなく調査を行っていく中で不透明な部分が出てきたり、被告人側として記憶が曖昧だったりするといった場合には正しく分析する事が難しくなるため、その分時間が必要になります。


基本的には弁護士に相談し弁護士が様々な調査を行った上で報告書を出していただけるケースがほとんどですので、この報告書に基づいてその後告訴するのか、示談という形で決着を求めるのかについて検討するようにしましょう。

[Recommend Site]
B型肝炎の医療訴訟をメインに行っている弁護士事務所のサイトです・・・B型肝炎 弁護士

Copyright © 2014 医療訴訟と法律 All Rights Reserved.